« メンズシャツに挑戦:アロハシャツ(1) | トップページ | メンズシャツに挑戦:アロハシャツ(3) »

メンズシャツに挑戦:アロハシャツ(2)

メンズものを作る方はどれぐらいいらっしゃるのだろう?

この春に,縫い物を始めてから縫い物に関するブログをたくさん拝見している。
しかし,メンズの服を作っておいでの方をなかなかおみかけしなかったのですが,「モックリコさん」という方が,とってもステキにつくっていらっしゃいました。

そのシャツは,衿がアロハシャツのように開襟になっており,シャツの下に着用するTシャツなどの柄をちょこっと見せる着方もたのしめそうなのです。
型紙は,『男のシャツの本』より、No.12,をご使用とのことでした。
着用なさっているおっとぎみ様のお姿も拝見し,うっとり。
ああ,このような,メンズのきりりとしたたたずまいの服を作ってみたいもんだと,意欲満々に。
(自分の技術をかえりみぬ私。)

で,さっそく,本を図書館にて調達。(5月下旬ごろ製作。)
型紙を写す。これがびっくり!
縫い代の長さが,パーツごとにそれぞれ細かくわかれているのでした。全部1センチとかいうのではないのです。
折り伏せ縫いという技法のために,服の裏側の縫い代始末が美しい。
裁ち目をしまい込む仕様なのです。
型紙は直線ではなくカーブがあり,着用したときに立体感が出て,きれいに身体にそいます。
あらためて,型紙ってだいじだなあと思ったことでした。
技術の未熟さを吹き飛ばしてあまりあり。

そして,ステキなシャツを紹介してくださったモックリコさん,ありがとうございます。着用している本人がとっても喜んでおります。

【追記】
ポケットが,柄あわせをきっちりしたために目立たない。ちょっと胸元が淋しい感じ。あのフタみたいなフラップとかいうものをつけるといいのかなあ?

【メモ】 --*--*--*--*--*--*--*--
■ パターン:『男のシャツの本』
     著:嶋崎 隆一郎 /文化出版局より No.12 
■ 布地:
インポート布地・fan-annex
ドイツ【BRENNET社】のリネンコットン地・地織りストライプ(
コットン90% リネン10%

|

« メンズシャツに挑戦:アロハシャツ(1) | トップページ | メンズシャツに挑戦:アロハシャツ(3) »

シャツ(メンズ)」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
とっても綺麗に縫われてますねえ。
ほれぼれしてしまいましたー
私は超が3つくらいつく面倒くさがりなので、袖と脇の縫い合わせはロックでガガガーッと始末しましたし、ボタンの一番上にループは付けませんでしたよ、、、、うぅぅ。
こちらのほうこそ、とても勉強になります!

フラップ付きポケットのシャツも、ミリタリーちっくでいいかもしれませんねー
次回作を期待してます!

投稿: ミカ | 2007年6月19日 (火) 午後 11時13分

コメントをいただけるなんて,びっくりしちゃいました。なんか,恐縮です。

ミカさんは,「袖と脇の縫い合わせはロックガガガーッ」とのこと。
ロックミシンて,いいですねえ。
(もう,ほとんど買うモードに傾いちゃってます。)

ボタンの一番上のループは,私もつけるかどうか迷いました。どうもそれを使いそうにないですもん。
ボタンも余分にいるし,つけるし。
私も「省略」をベンキョウしなくっちゃ,です。

ミカさんのブログを読んで,私の暮らしがうるおっているんです。
☆ 縫い物机に「蛍光灯スタンド」を置いて,明るいソーイング生活。
☆ 「バナナ入りベーグルパン」に憧れ,ご紹介のレシピ集本を注文。
☆ 「日清お好み焼き粉」も購入済み。
でも,「山盛りハンバーグ」のとこは…。
たぶん絶対まねできません。
あのうず高い“ハンバーグ山脈”のシーンを思い出すだけで,もう笑いがこみあげてきますぅ~。

そんな楽しい記事を読ませていただいて,気持ちもうるうるです。ありがとうございます。

投稿: ともこ | 2007年6月20日 (水) 午前 03時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209884/15480745

この記事へのトラックバック一覧です: メンズシャツに挑戦:アロハシャツ(2):

« メンズシャツに挑戦:アロハシャツ(1) | トップページ | メンズシャツに挑戦:アロハシャツ(3) »